• HOMEへ
  • 自動車のメンテナンスへ
  • 自動車の豆知識へ
  • 組合案内へ
  • 組合員紹介
  • 組合員ログイン

組合案内

峰山自動車整備工業協同組合の沿革

昭和25年(1950) 協同組合の前身となる『峰山検査場組合』(任意団体)設立(中郡峰山町字上)。組合員数40社。
昭和41年(1966) 11月30日、『峰山自動車整備工業協同組合』設立(中郡峰山町字長岡494)。組合員数54社。
昭和48年(1973) 事務所・検査場を移転(中郡峰山町字長岡1684)。組合員数91社。この年より軽自動車の車検義務付け。
昭和52年(1977) 組合設立10周年事業として、自動車会館(現組合事務所)建設。組合員数101社。二種養成施設整備士講習開始。
昭和61年(1986) 組合設立20周年記念式典実施。小型検査コース改修。ナンバープレート封印取り付け業務開始。
平成2年(1990) 隣接土地(約900坪)を購入。
平成9年(1997) 郵便切手類、印紙販売業務開始。
平成14年(2002) 全自動ヘッドライトテスター導入。
平成18年(2006) 移動端末機によるリアルタイムオンライン処理・検査証出力開始。

▲このページのTOPへ